東京・杣人の連とは

 平成16年8月、山づくりの施業を請け負う協同組合として、山に関わる西多摩在住6名で発足しました。林業の施業を担う林業労働者は、高齢と林業の衰退による仕事不足なお且つ3K(きつい、汚い、危険)で急下降に減っています。


 昔は庄屋と呼ばれる山守さんが山主のもとで、山の管理を任され林業労働者を雇い山作業をさせていました。現在、庄屋の数もめっきり減り、施業を請け負うのは森林組合か、昔からやっている年寄りばかりです。

 

 山主も不在村地主(山を持っているが住まいは街)が多くなり、永い眼で計画を立てられず、山は放置されている状況が目立ちます。

 

 根本的にはあまりにも低く抑えられた材価にその原因があります。世界的に見ても木材という資源は不足してきています。森林減少にも歯止めはかかっていません。そんな中、日本は気候的にも土壌的にも樹木の生育には適しています。資源の自給の点から見ればその可能性は高いものと言えます。多くのそして重く大きな問題を抱える業界ですが、現在のままの形では山の先には何も見えてこない。この状況の中で山の施業を庄屋さんのように、山主さんと一緒に将来の山を描いて、バックキャスティングしよう。「東京・杣人の連」はそういう山づくり施業を目指していきます。

組織概要

組織名称 協同組合 東京・杣人の連(とうきょう・そまうどのれん)
代表者  稲木 清貴
所在地 東京都西多摩郡日の出町大久野70-1
連絡先

Tel:042-597-3744

Fax:042-588-5991

創立 平成16年 8月 6日
出資金 483万円(平成28年10月現在)
組合員数 9名
事業内容 ・造林・育林作業の請負
・森林の調査・管理及びイベントの企画